2012年04月06日

【送料無料】彩の国 米うどん 200g×23袋+2袋〔計25袋〕【米粉 うどん 麺 乾麺 保存食】【国産 埼玉県産米粉 埼玉県産小麦】【あやひかり 埼玉県 埼玉産 埼玉県産 埼玉 名物 お土産】

【送料無料】彩の国 米うどん 200g×23袋+2袋〔計25袋〕【米粉 うどん 麺 乾麺 保存食】【国産 埼玉県産米粉 埼玉県産小麦】【あやひかり 埼玉県 埼玉産 埼玉県産 埼玉 名物 お土産】【送料無料】彩の国 米うどん 200g×23袋+2袋〔計25袋〕【米粉 うどん 麺 乾麺 保存食】【国産 埼玉県産米粉 埼玉県産小麦】【あやひかり 埼玉県 埼玉産 埼玉県産 埼玉 名物 お土産】
¥6,279円(税込)送料込 カード利用可

  話題の米粉うどん!原材料は全て国内産の米めん(米麺)彩の国 米うどん■商品内容■彩の国 米うどん 200g(二人前)×23袋+2袋(計25袋)※麺つゆは付きません。■お召し上がり方■ 100g(1束)あたり1リットル以上を目安に熱湯を用意し、8分〜9分ゆでた後、冷水にさらし、水気の切れないうちにお召し上がり下さい。ゆで時間はゆでる量、湯量、コンロ等により変化します。お好みのゆで加減になるよう調整してください。【おいしさのポイント】乾麺には食塩が含まれており、その食塩を水と置換することでおいしくゆであがります。そのため、食塩があるゆで湯ではうまくゆでるのは難しいです。熱湯でゆでて、冷水でキュッとしめてお召し上がり下さい■原材料■米粉(埼玉県産)、小麦粉(アヤヒカリ、埼玉県産)、小麦グルテン(国内産)、食塩(国内産)■保存方法■高温・高湿・直射日光を避け、常温にて保存してください。■賞味期限■製造より1年■保存方法■湿気はカビの原因に、直射日光は変質の原因になります。風通しのある乾いたところで保存してください。また、食害虫の好む食品でもあります。他の農産海産乾物と分けて保存してください。■決済方法■各種クレジットカード(VISA・JCB・NICOS・AMEX)・代金引換(ヤマト運輸)・eバンク・JNB・ちょコム・セーフティーパス・セブンイレブン・郵便振込み■アレルギー体質の方へ■この商品は「小麦」を原料に含みます。 また、この商品の製造工場では「そば」を含む商品も製造しています。 楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです埼玉県産 米粉・小麦粉使用『彩の国 米うどん』新食感の米粉うどんを食してみませんか? 大正元年創業。麺一筋四代の「あかねたすき麺工房」が自信を持って送りだす新商品が…  いま話題の「米粉」でつくったうどん。 →いますぐ注文する← 麺の特徴は? 独特のもっちりとしていながら、ソフトな歯ごたえと、甘みが特徴の麺です。もち米ではなく、うるち米を使っていますので、意外とさくっとした食感。あまり重たくない、「ライトな食感」ですね。また、小麦には無いお米独特の甘みと香りが、ちょっとクセになるかも。。。。「ごつごつしたコシ」ではない、軽めの食感ですから、様々な食材と合わせてみるのがおすすめ!様々なアレンジでお楽しみください。新しいカテゴリーのうどんですから、何でもアリです! いますぐ注文する 今までどおりざるうどんで温かいおうどんにしても季節の食材でサラダうどんにカッペリーニ(冷製パスタ)風も  一押しのレシピがありましたらぜひお知らせください。(掲載で粗品進呈!)  お米について  米粉は県内製粉メーカーみたけ食品様より供給いただきました。 地元埼玉県で契約栽培された米を原料としております。「米穀の新規用途への利用の促進に関する法律」に基づく生産製造連携事業計画で契約栽培された米を使用しております。 産地の不透明な米や、古米などと分けて管理されていますので、素性の確かな米粉です。 現在、米粉80%配合まで製麺に成功していますが「食べやすさ」「リピートしやすさ」などを考慮し、今回は63%配合にしております。 小麦について  小麦粉は、もっちりとした弾力が特徴の埼玉県産のあやひかり小麦を使用。 当麺工房でもっとも人気がある「もっちりつるっこおいしいおうどん」で使っている「埼玉県産あやひかり」を約25%使いました。 弾力とツル味をお楽しみいただけます。 埼玉県の立地  意外と知られていないのは「埼玉県は消費地に近い農産県」だということ。 県南部で栽培されるほうれん草を初めとする「葉物野菜」や、サツマイモ、里芋などの芋類も高級料亭用として取引されるほど「その筋では有名」なのです。 また、小麦は全国5位の生産量を誇るなど、実は農産県なのです。 いますぐ注文する 米粉米 全国3位の埼玉県  2010年度は国策として米粉用の米栽培が奨励されました。 消費地に近い生産者は情報も早い! いち早く米粉用米栽培に取り組み、新潟県、秋田県に次ぐ全国3位(2010年度)の栽培面積になりました。 麺やパンなど各食品に適した品種の選定や栽培・加工そして流通と、農家・農協、食品加工業者、県の農政、3つがダッグを組んで、取り組んでいます。 生産者や粉加工業者、2次加工業者、また、JA,農政担当が一同に集まり、米粉推進のために話し合いが開かれるなど、上流から下流まで一丸となって米粉の推進に力を入れている県なのです。 なぜ米うどんを作ったのか 小麦農家の言葉:米の減反政策で小麦を田んぼで作る農家の話「やっぱり米作りたいんだいねぇ〜」 以前、県内の小麦農家へ小麦の栽培について教えてもらおうと伺ったことがあるのですが、そのときの農家さんの言葉が忘れられません。 実は県内の小麦生産者の半数以上が「減反政策によって田んぼで小麦を栽培」しているのです。(小麦は本来畑で栽培するものですが、田んぼに水を張らずに小麦畑として耕作するのです) もちろん、この生産者さんはきちんと田んぼを整え、しっかりと小麦を作っています。(変な言い方ですが・・・) 先祖代々、苦労していい米が採れる田んぼを作ってきました。「代々田んぼと生きてきた」そんな生産者です。「やっぱり米作りたいんだいねぇ〜」と・・・、 農政に従順な農家さんの心の声なのだと思います。  農家の方のお話を聞いて、店長が考えたこと 新しい麺への挑戦  「うどん」は元来「小麦」で作るものです。 しかし、「常に挑戦し続けたい!」という思いもあり、本来うどんにはならない(麺状に伸ばすことが出来ない)米粉をメインに使った「米うどん」に挑戦したのです。 加水や混合、圧延など、製麺工程の微妙な調整を、より高精度にコントロールしなければなりませんから、難しい素材へ挑戦することで、製麺技術を高めるという目的もあります。  
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by oadkg at 09:00 | TrackBack(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。